So-net無料ブログ作成

国語教科書、新聞で読解力養うコーナーも(読売新聞)

 新学習指導要領の国語に新聞活用が明記されたこともあり、新しい教科書には新聞の読み方や記事の読み比べなどを通じて、読解力を養うコーナーが登場した。

 国語5年の教科書の一つは、ノーベル化学賞を受賞した下村脩(おさむ)さんの記事を示し、見出しやリード文、結論から先に書く「逆三角形の構成」といった特徴を紹介。さらに、北京五輪に出場した競泳の北島康介選手のレースを報じた読売新聞と他紙を並べ、引用する発言の違いなどを考える内容にし、「書く人が違えば印象も変わる」(編集者)ことを示した。

 別の6年の教科書では、スポーツで「楽しさ」と「勝利」のどちらを重視するかについての意見を新聞への投書の形で掲載、書き手の主張やその根拠などを考える内容にした。

 新潟県中越沖地震の際に号外を発行したり、地域に役立つ情報を掲載し続けたりした新聞を取り上げた5年社会の教科書も登場した。ここでは、取材記者の話や編集会議などの新聞づくりの様子も含めて、計11ページにわたって紹介した。別の5年社会の教科書でも、「号外」について説明する記述や、同じ日の新聞の朝刊1面を見比べたものがあった。

 授業での新聞活用は、日本新聞教育文化財団のNIE(教育に新聞を)実践指定校が2009年度で536校に上るなど、多くの学校で取り入れられてきている。

 神奈川県相模原市立鶴の台小学校の花田美智代教諭は今年度、6年の国語の授業で一般紙とスポーツ紙を比べて見出しや各面の特徴を学んだり、コラムを読んで段落ごとに題名を付けたりした。「長い文章も抵抗なく読めるようになっており、新聞は有効」と花田教諭は話している。

82歳男性が妻と心中か 世田谷区(産経新聞)
黄長ヨプ元書記 来月4日に初来日へ 拉致被害者家族らと面会(産経新聞)
<大阪虐待死>死亡前日嘔吐、繰り返し暴行か 同居少年供述(毎日新聞)
<前原国交相>成田に全身スキャナー 7月めどに実験開始へ(毎日新聞)
平沼・与謝野氏は「北極と南極」 国民新・自見氏(産経新聞)

乳児虐待死の父が起訴内容否認「まったくの間違い」(産経新聞)

 大阪府岬町で平成20年2月、生後5カ月の大道景介ちゃんを虐待して殺害したとして、殺人罪に問われた父親の元病院事務員、大道正也被告(32)の初公判が26日、大阪地裁(中川博之裁判長)で開かれた。大道被告は罪状認否で「まったくの間違い」と起訴内容を否認。「悲しみで心に穴が空いた状態で2年間耐えてきた。公判で無実を証明したい」と述べた。

 検察側は冒頭陳述で、殺害の動機に関し「被告は当時、夜泣きによって睡眠不足に悩まされていた」と指摘。景介ちゃんが事件直前の2カ月間で3回、頭部や右足骨折など虐待によるけがをしていたうえ、事件当日に外傷を与えられたのは大道被告だけだった−などと主張した。

 これに対し弁護側は、起訴から2年間に及んだ公判前整理手続きで、検察側が死因に関する主張を2回変えたと指摘。外傷がいつ与えられたかを解析するのは医学的に不可能として「被告を犯人とするには合理的疑いが残る」と無罪を主張し「被告には動機がなく、逮捕前の任意捜査で自白を強要された」とも述べた。

 起訴状によると、大道被告は20年2月16日夜、岬町淡輪の自宅で景介ちゃんの頭部を強く押して圧迫し、殺害したとされる。逮捕前は「仕事と家庭のストレスを子供に向けた」と自供したとされるが、その後否認に転じていた。

足利事件判決公判で録音・録画を 民放連が声明
元公設秘書側「癒着や政治腐敗を生む資金の隠蔽ではない」 弁護側最終弁論要旨(産経新聞)
「ザ・コーヴ」出演女優、現地で漁中止訴える(読売新聞)
石炭じん肺訴訟、国に賠償命令=消滅時効認めず−札幌地裁(時事通信)
竪山容疑者を追起訴=女性への強盗致傷、窃盗で−千葉地検(時事通信)

<平野官房長官>機密費使途公開「国益にプラスなのか」(毎日新聞)

 平野博文官房長官は24日午前の記者会見で、鳩山由紀夫首相が官房機密費(内閣官房報償費)の使途を一定期間後に全面公開する意向を示したことに関し「そのことによって(政府の求める)情報が提供されなくなることが国益にとって本当にプラスなのか、ということも考えねばならない」と否定的な考えを示した。首相が「(4月から)すべての使い道を記録にとどめる」と明言したことについても「検証する」と述べるにとどめた。

 平野氏は「首相がどういう意味で(全面公開と)おっしゃっているのか真意を具体的に聞いていない」とも述べ、再考を促す考えも示した。【横田愛】

【関連ニュース】
普天間移設:官房長官と国民新の下地氏が会談
平野官房長官:内閣支持率続落を分析
平野官房長官:前年度使用分の機密費情報開示に前向き
高校無償化:朝鮮学校は法成立後に結論 平野官房長官
公明:民主と修正協議へ 子ども手当て法案など

首都高「山手トンネル」新宿―渋谷間開通(読売新聞)
普天間移設「われわれは楽観的」 米軍高官、現行案履行に言及(産経新聞)
【科学】山崎さん、宇宙で「南極食」 凍結乾燥の卵焼き、牛肉しょうが焼き(産経新聞)
鳩山首相秘書の初公判 勝場被告、起訴内容認める(産経新聞)
児童への暴行・虐待、過去最高725件(読売新聞)

<訃報>畑中更予さん89歳=ソプラノ歌手(毎日新聞)

 畑中更予さん89歳(はたなか・こうよ=ソプラノ歌手、畑中良輔・東京芸大名誉教授の妻)20日、多臓器不全のため死去。葬儀は23日正午、東京都世田谷区上野毛2の14の25の上野毛教会。自宅は杉並区今川2の2の7。喪主は良輔(りょうすけ)さん。

 東京音楽学校(現東京芸大)卒。日本歌曲の芸術的な歌唱法を高め、多くの弟子を育てた。2月に、米寿の良輔さんと「米寿&卒寿記念コンサート」を開き、話題を呼んだばかりだった。

関税法改正案が衆院通過(時事通信)
飲酒運転撲滅モニュメント建立へ=福岡市〔地域〕(時事通信)
日本IBMが循環取引関与=ニイウスコー粉飾−監視委(時事通信)
クロマグロ禁輸否決 規制「まだ気許せぬ」漁業者なお警戒(河北新報)
河村市長「議員全員が辞職して信を問うべき」(読売新聞)

JR脱線で重傷の近大生卒業 長いリハビリ乗り越え 「人の役に」新たな一歩(産経新聞)

 兵庫県尼崎市で平成17年4月に起きたJR福知山線脱線事故で、発生約18時間後に先頭車両から救出された近畿大法学部の山下亮輔さん(23)が20日、同大学を卒業した。4月からは生まれ育った兵庫県伊丹市の職員として、新たな一歩を踏み出す山下さん。入学直後に遭遇した事故から長いリハビリを経て卒業するまでの5年を「今ここにいられるのは、家族をはじめたくさんの人が支えてくれたおかげ。これからは僕が支えていきたい」と振り返った。

 この日午前10時から大阪府東大阪市の同大学記念会館で行われた卒業式には、5千人余りの学生が出席。山下さんは5年前の入学式の際にも着た黒地にストライプのスーツ姿。式典の後、「事故で不自由になった両脚がコンプレックスだったけれど、友人たちのおかげで乗り越えることができた」と話した。

 17年4月25日朝、山下さんは兵庫県伊丹市の実家からの通学途中で事故に巻き込まれた。気がつくと真っ暗な車内に閉じこめられ、身動きがとれない。助け出されたのは26日午前2時44分。事故が起きてから、17時間半が過ぎていた。

 救出後は、筋肉が長時間圧迫されていたことで生じる「クラッシュ症候群」との闘いが待っていた。筋肉が壊死(えし)した両脚は切断も危ぶまれたが、リハビリの末、装具やつえがあれば歩けるまでに回復。翌年2月に退院、事故から1年後に復学を果たした。

 20年には事故の体験をつづった手記「18歳の生存者」を出版。「自分の体験が誰かを励ますことができるのなら」と、全国30カ所以上で講演活動にも取り組んできた。

 24日には活動を支えてくれたゼミの仲間とともに、講演先でメッセージを記してもらった布30枚を展示するイベントを、伊丹市宮ノ前の「旧岡田家住宅」で開く予定だ。

 公務員を目指すきっかけは、消防士である父親の姿だった。事故後、「人の役に立ちたい」という思いはさらに強まり、実家がある伊丹市の職員への採用が決まった。「育ててもらった伊丹の街づくりに携われることに、わくわくしています」。思い出が詰まったキャンパスで、晴れやかな笑顔を浮かべた。

重文の大日如来坐像盗まれる=無人の寺、鉄扉こじ開け−大阪(時事通信)
首相動静(3月18日)(時事通信)
阿久根市長、一般質問を2日続けてボイコット(読売新聞)
世界最大のカブトムシなど108匹盗んだ男逮捕(スポーツ報知)
<水俣病>2患者団体が一時金など受諾(毎日新聞)

37歳長男をハンマーで殴り殺害容疑、父逮捕(読売新聞)

 19日午前1時45分頃、愛媛県松前町西古泉のアルバイト警備員三好栄容疑者(61)が「ハンマーで息子を殴った。救急車を呼んでくれ」と県警伊予署に通報。

 署員が駆けつけたところ、長男の無職、光さん(37)が居間で倒れており、三好容疑者を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。光さんは約1時間後、搬送先の病院で死亡し、同署は殺人容疑に切り替えて三好容疑者を調べている。

 発表では、三好容疑者は同日午前1時40分頃、居間のこたつで寝ていた光さんの頭を、こぶし大のハンマーで数回殴った疑い。三好容疑者は、妻(60)と光さんの3人暮らし。以前から親子間のトラブルがあったといい、「10回位殴った」と話しているという。

墓はどこへ(上) 「改葬」と廃れる墓地(産経新聞)
公明・坂口衆院議員、辞職の意向…参院選後に(読売新聞)
荻野さんに卒業認定書=学部長ら両親に手渡す−千葉大生殺害事件・兵庫(時事通信)
ニチアス、佐藤常務に代表権…代表取締役を2人体制に(レスポンス)
<メタボ健診>見直し提言 肥満でない人も循環器病に注意(毎日新聞)

大阪城公園 舗装路が陥没…深さ0.9メートル(毎日新聞)

 14日午後1時ごろ、大阪市中央区の大阪城公園天守閣前広場でアスファルトで舗装された通路の一部が突然陥没した。当時、現場周辺には観光客ら約100人がいたが、けが人などはなかった。大阪市東部方面公園事務所が陥没の原因を調査している。

【写真特集】日本の城

 公園事務所によると陥没した穴は直径が約2.3〜1.7メートル、深さ最大約0.9メートルの楕円(だえん)形。付近には雨水を流すための直径約15センチのコンクリート管が約1メートルの地中に埋められている。【広沢まゆみ】

【関連ニュース】
<ニュース写真>陥没:道路に穴…バイクの男性が転落、けが 東京・千住(08年8月)
<ニュース写真>陥没:道路に直径3M、燃えた送電線が原因か 北九州(09年12月)
岩手・宮城内陸地震の陥没現場(08年6月)

日本IBM4千億円の申告漏れ、国税が指摘(読売新聞)
<近鉄名古屋線>特急に男性はねられ即死 愛知・蟹江の踏切(毎日新聞)
高校無償化法案、衆院を通過(読売新聞)
スカイマーク、機長風邪で運休…代わりおらず(読売新聞)
地球温暖化対策基本法を内定(時事通信)

太さ日本一のカシワ、青森にあった(読売新聞)

 青森県五戸町倉石中市地区にある県天然記念物「上村のカシワの木」の幹回りが約5・4メートルで、日本一太いカシワであることが、巨木愛好者グループ「東北巨木調査研究会」の調べでわかった。

 同研究会によると、上村のカシワは推定樹齢750年、高さ約22メートル、幹回り4・5メートルとされてきた。だが、会員の1人が1月末、「全国巨樹・巨木林の会」などの測定基準に従い、地上1・3メートルでの幹回りを計測したところ、約90センチも太いことがわかった。同研究会は14日、現地で正確な幹回りを計測し、最終確認する。

 「全国巨樹・巨木林の会」のデータベースによると、これまで太さ日本一のカシワは北海道様似町にあり、幹回りが5・2メートルだった。同研究会の高渕英夫会長は、「14日の計測結果を五戸町に伝えるとともに、樹勢を見守るなど保全にも協力していきたい」と話している。

<訃報>河合誓徳さん82歳=陶芸家、日本芸術院会員(毎日新聞)
強風でバッグネット倒れ母子が下敷き 神奈川(産経新聞)
「被爆ザクラ」の苗木、盗まれる=平和記念公園、高さ1メートル−広島(時事通信)
愛子さま3日連続登校、5時限目だけ(読売新聞)
エルニーニョ、春に終息か=インド洋高温、北日本冷夏も−気象庁(時事通信)

ATM男、強盗殺人罪などで起訴 千葉大女子学生放火殺人(産経新聞)

 千葉県松戸市で昨年10月、マンションの一室が焼け、この部屋に住む千葉大園芸学部4年、荻野友花里さん=当時(21)=が殺害された事件で、千葉地検は10日、強盗殺人や現住建造物等放火罪などで、住所不定、無職、竪山辰美容疑者(49)を起訴した。

 起訴状によると、竪山被告は昨年10月20〜21日ごろ、荻野さん方に侵入し、荻野さんの両手首をストッキングで縛るなどしてキャッシュカードなどを奪い、殺意を持って荻野さんの左胸を包丁で数回刺すなどして殺害。翌22日に再び同所に侵入し、部屋に火をつけたとされる。

 地検の起訴を受け、荻野さんの両親は「捜査員の方々に大変感謝しております。残された私達遺族は、犯人を絶対に許しません」などとするコメントを出した。

 また、松戸署捜査本部は、同日、別の女性に対する強盗致傷容疑で、竪山被告を再逮捕した。逮捕は6度目。捜査本部によると、竪山容疑者は昨年10月下旬、同県印旛郡の病院駐車場で、金品を奪おうと女性介護師=当時(22)=を殴ってけがを負わせた疑いが持たれている。現場に人が来たため、竪山容疑者は何も取らずに逃走した。

【関連記事】
竪山容疑者を6度目逮捕へ 別の女性への強盗致傷容疑 千葉大女子学生放火殺人
千葉大女子学生放火殺人 Tシャツの血痕から荻野さんのDNA型
【日本の議論】殺人の時効廃止に賛否
「時効廃止」案取りまとめ 法制審部会、月内にも総会で議論
コールドケースを追え
20年後、日本はありますか?

温暖化基本法案で詰めの協議=閣僚委を開催(時事通信)
朝鮮学校の扱い「決めてない」=高校無償化−鳩山首相(時事通信)
<警視庁>異例の捜査1課長を解任 女性トラブルで(毎日新聞)
愛子さま学習院不登校 学校側「学級崩壊」否定(J-CASTニュース)
【健康】ヨウ素 取りすぎ注意 「食事摂取基準」来月改定(産経新聞)

普天間移設 首相「今月中に決断」(産経新聞)

 ■シュワブ「陸上案」1500メートル滑走路軸に調整

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題をめぐり、鳩山由紀夫首相は4日夕、首相官邸で記者団に「できるだけ早く決めたい。3月中のいずれかの時点に政府の考えをまとめなければならない」と述べ、3月中に政府案をまとめる考えを表明した。5月末までとしてきた決着時期も前倒しとなる公算が大きい。政府は、米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)沿岸部に移設する現行案に代わり、シュワブ陸上部に1500メートル級の滑走路を建設する「陸上案」を軸に最終調整を進める。複数の政府関係者が明らかにした。

  [フォト]米軍の普天間飛行場が見渡せる高台には米軍基地に反対する看板が…

 これに先立ち、平野博文官房長官と北沢俊美防衛相は2日夜、都内でルース米駐日大使と会談した。平野氏は会談で「現行計画は困難な情勢になった」と述べ、陸上案を正式に提示したという。

 ルース氏は「現行案が最善だ」との考えを重ねて表明した上で、陸上案については「今週末に米本国で協議する」と含みを残した。もう一つの代案であるシュワブ陸上部に500メートルのヘリコプター離着陸帯を建設する案は拒否した。

 会談でルース氏は「できるだけ早く」(アズ・スーン・アズ・ポシブル)と速やかな決着を強く求め、これが首相の「3月」発言につながったようだ。

 1500メートル滑走路ならば、米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの発着も可能となる。ただ、周辺集落に騒音被害が生じるため、訓練地を沖縄県内の伊江島、下地島、九州全域の自衛隊基地に分散することも検討している。

【関連記事】
普天間移設 現行計画できぬ理由示せ
普天間移設で剣が峰の首相 4月の日米首脳会談を視野 社民は猛反発
沖縄名護市議会、陸上案反対の意見書を可決へ 普天間移設で
普天間移設キャンプ・シュワブ陸上に自民・谷垣氏「公約違反」
現行計画が最善だが、議論の余地も 米国務次官補が普天間問題で証言

六本木の不動産取引で脱税容疑=社長2人を告発−東京国税局(時事通信)
【風】無料化でも地元に困惑の声(産経新聞)
外国人が住む町 歩み寄りなく遠い「共生」(産経新聞)
普天間問題、官房長官も米大使も「トラスト・ミー」(産経新聞)
<コンテナ新法>積み荷情報通知義務付け トレーラー事故で(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。